専称寺からのお知らせ

◆各内容の詳細は、タイトルをクリックしてご覧ください

新代表役員・住職就任のお知らせ

【新代表役員・住職就任のお知らせ】
前代表役員・住職・遠藤顕道遷化に伴い、令和2年6月29日付で浄土宗より認証を受け、私議、遠藤弘道が当山代表役員・住職(第七十七世)に就任いたしました。

浅学菲才の私でございますが、先代住職の法灯を継ぎ、寺門興隆等に努めてまいります。
何卒、引き続きのご指導・ご鞭撻をお願いいたします。

合掌 南無阿弥陀佛


【宗教法人 専称寺 前代表役員・住職・第七十六世】
遠藤 顕道 令和2年4月3日遷化 世壽 82歳
中興 蓮華光院精蓮社進譽上人興阿愚心顕道上座大和尚
※宗教法人九品寺 代表役員・住職(第四十二世)兼任

【宗教法人 九品寺 新代表役員・住職・第七十七世】
遠藤 弘道 令和2年6月29日認証 41歳
前職 専称寺 副住職
※宗教法人九品寺 代表役員・住職(第四十三世)兼任

宗教法人 専称寺
代表役員・住職
遠藤 弘道

Posted in 専称寺からのお知らせ

【訃報】山主、往生の素懐を遂ぐ

令和2年4月3日金曜日
九品寺第四十二世・専称寺第七十六世
学校法人明照学園・名誉理事長、学園創設者
遠藤顕道は、往生の素懐を遂げました。

蓮華光院精蓮社進譽上人興阿愚心顕道上座大和尚
世壽82歳

昭和50年の九品寺住職就任以来、また、学校法人設立以来、檀信徒はじめ、地域のみなさまに支えられ、寺門興隆・幼児教育の振興に努めることができました。

宗儀に則り、仮通夜式、密葬儀式を浄土宗福島教区浜通り組の諸上人はじめ、檀家総代・世話人ご参列のもと、昨日6日と本日7日、九品寺本堂にて厳粛に執り行いました。

後日改めまして「通夜・本葬儀」を執り行う予定です。

檀信徒はじめ、一般のご会葬のみなさまにおかれましては、「通夜・本葬儀」にご参列・お焼香賜りますようお願い申し上げます。新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況を考慮し、本葬儀の日程は後日決定し、お知らせいたします。

生前中のみなさまのご厚情に深く感謝申し上げます。

合掌 南無阿弥陀佛

令和2年4月7日
九品寺 副住職・専称寺 副住職
学校法人 明照学園 理事長
遺弟 遠藤 弘道

Posted in 専称寺からのお知らせ

国指定重要文化財 浄土宗 旧奥州惣本山 専称寺(本堂・庫裡・総門)平成の大改修(東日本大震災災害復旧事業)ご寄附のお願い

未曾有の規模の地震となった東日本大震災によって,多くの尊い人命と財産が失われました。お亡くなりになられた方々に深く哀悼の意を表しますとともに,御遺族と被害に遭われた方々に心からのお見舞いを申し上げます。

今回の地震により専称寺も甚大な被害を受けました。趣意書でも述べさせていただきましたが、当山本堂・庫裡・総門は平成16年に国指定重要文化財に指定されており、全国的にも貴重な建物であります。いまでは途絶えてしまいましたが、浄土宗名越派の惣本山、東北で唯一の檀林(僧侶の伝宗伝戒を行う道場)として東北にある浄土宗寺院の中心的役割を果たしておりました。また、梅の名所・素晴らしい景観から専称寺境域は福島県の史跡・名勝に指定されております。
専称寺は、お檀家の皆様の財産であることはもとより、国・福島県・いわき市の財産であり、浄土宗の貴重な財産でもあります。

今回の大改修事業は到底当山のみで行えるものではございません。国指定重要文化財の所轄省庁である文化庁、文建協、福島県教育庁文化財課、いわき市教育委員会文化課文化財係等、浄土宗内の各寺院、専称寺のお檀家の皆様、一般市民の皆様といった多くの方々のご協力が必要です。
これから専称寺に災害復旧事業を実施するための寄附金・義援金の窓口として、下記の口座を設けていただきました。ぜひとも当山の被災文化財の救援と修理・保存に向けて,多くの方々の御理解と御協力を切にお願い申し上げます。
南無阿弥陀仏 合掌

専称寺 第七十六世 遠藤 顕道
専称寺 檀信徒総代・世話人一同

【国指定重要文化財「浄土宗 旧奥州惣本山 専称寺(本堂・庫裡・総門)」
修復・保存に関する寄附金・義援金の受付窓口】

【大改修事業期間(予定)】平成24年3月〜平成33年3月
【大改修事業総額(予定)】約13億円 (うち自己負担金 約1億円)
【寄付金・義援金受付期間】平成23年10月〜
【受付口座】郵便振替 02200-4-126049     加入者  宗教法人 専称寺
【お問い合わせ】浄土宗 専称寺
〒970-0106 福島県いわき市平山崎字梅福山5
TEL:0246-34-2283
担当:副住職 遠藤 kuhonji.fi@gmail.com

Posted in ご寄附のご案内, 専称寺からのお知らせ, 平成の大改修(東日本大震災災害復旧), 東日本大震災